業績連動型給与制度
シンプルで運用しやすい設計

具体的な給与額は、各等級ごとの昇給表に、業績に応じた係数をかけあわせるだけ。
シンプルな設計で、誰にでも簡単に、また公正・公平に運用することを可能にしています。
(下記が、実際の昇給表です)

階層 等級 昇給回避 昇給低減 昇給維持 昇給増大
標準昇給額Ⅲ 標準昇給額Ⅲ 標準昇給額Ⅲ 標準昇給額Ⅲ
0倍 0.7倍 1.0倍 1.3倍
Mクラス 6級 0 0 0 0
5級 0 1,400 2,000 2,600
Sクラス 4級 0 2,800 4,000 5,200
3級 0 2,100 3,000 3,900
Jクラス 2級 0 1,400 2,000 2,600
1級 0 1,400 2,000 2,600

また、この制度においては、そのシンプルな設計ゆえに、評価者研修等も不要。
せっかく整備しても、運用面で負担になるような複雑な制度は、お勧めいたしません。

シンプルな制度設計のメリットは、運用面だけではありません。そのシンプルさゆえに、社員にとっても非常に理解しやすいのも、この制度の特徴です。
給与決定のプロセスを、社員一人ひとりが理解することで、不公平感をなくすことができます。しかも、給与の基準になるのは、誰の目にも明らかな企業業績。不公平感をなくすと同時に、公正感、納得感も得られます。